Sayuri's Enlglish Clubは、アットホームな英語教室です。

 子どもたちが英語をより身近に感じられるよう、生活の中にあるものをテーマに、レッスンを進めています。いろいろな活動を通して英語に触れ、心身の成長に合わせ、子どもたちが「やりたい!」と思えるようなレッスンを心がけています。また、フォニックスに力を入れ、自分で学習ができるように、英語の基礎を身につけていきます。 レッスンの他に、海外文通(青少年ペンフレンドクラブ)、英語絵本とCDの貸し出しも行っています。

    ご質問、体験レッスンの申し込みなどは、下記メールアドレスまでご連絡ください。

                                                                                     tel    : 090-7910-7436                                                                                                                            mail  :   s.english.club107@gmail.com          

                                 岐阜県各務原市那加新加納町(各務原イオンより北へ徒歩5分)



What's New!

★新クラスのお知らせ    ( 金曜日 17:30~18:30 )  

    6月より、新小学3~5年生クラスがスタートしました。一緒にレッスンしませんか?

   phonics、アルファベットからレッスンをしています。もちろん、いろいろな英語表現も!

   ご連絡お待ちしています!

             

    

☆2018年度 幼稚園児、小学低学年向けのJolly Phonics クラスをはじめます。

    2020年度より、小学校高学年で、英語の読み書きが導入されます。どの程度の読み書きを導入されるかはわかりませんが、それより先に、

   Jolly Phonicsで、読み書きの基本を身につけ、英語絵本を楽しんでほしいと思います。

   Jolly Phonicsは、小さい子向けの指導法ですので、このクラスに関しては、幼稚園、小学低学年の子を対象とします。

   ご興味のある方は、ご連絡ください。

 

 

 ★英会話広場e-styleさんとの親子英語は毎週土曜日に開催しています。要予約。 詳細 http://andersen-estyle.jimdo.com/

    お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、お子さんやお孫さんと英会話を楽しみに来てください。お待ちしています

 

 

 


Sayuri's  Diary

教室の様子、日々感じたこと、気付いたことなどを、時々、日記にしたいと思います。 

 

December  8th  2018

       今年もあと三週間です。街は、もうクリスマスのデコレーションや、音楽でいっぱいで、なにかワクワクした気持ちになります。

 教室での、楽しい様子をご紹介します。

  いくつかのクラスで、過去形のレッスンをしました。

  今まで、 ”Do you ~~~?"  "Yes, I do."  "No, I don't".   "What do you ~~~~?" 

       のような会話をしていたのに、 "Did you ~~~?"  って何?という感じでした。

  簡単に、説明をしたのですが、ここで役に立つ強い見方が、絵本です。こんなお話したよね~と言いながら過去形のお話をしました。

  カード等で練習をしたあと、「先生が今日したことを、当てよう‼」というゲームをしました。

  それまで、自信なさそうに "Did you ~~~?" と発音していた子たちが、一変しはりきって、いろいろ聞いてくれました。

  こんな風に~

   その1  「先生、お化粧するってなんていうの?」   「make upだよ。」

         "Did you make up?"                                                 "Yes, I did."

        「先生のお化粧してない顔ってどんなんやろ~?」 

   その2   "Did you brush my teeth?"                                     "No, I didn't"

                                                                                                             「先生は00ちゃんの歯はみがきません!」

                              「あー、そーやった。」"Did you brush your teeth?"             "Yes, I did."

         のように大笑いしながら、myとyourの違いも理解しました。

 

 

September 8th  2018

        今年の夏は暑かったですね。子どもたちも、熱中症のような症状でお休みした子が数人いましたよ。

 最近は、少し過ごしやすくなってきたからか、レッスンの後、子どもたちの元気な遊び声が聞こえてきます。

  

  先日のあるクラスのレッスンで、ゼスチャーゲームをしました。

 CTPの絵本の中に出てくるフレーズで、"brush your teeth", "change my shirt"などです。英語で書いたフレーズのカードを見て、ゼスチャーを

 するので、その意味を理解していないとできませんよね。もちろん、答えるほうの子も、しっかり覚えていないと、答えられません。

 また、ゼスチャーという動作は、子どもたちのお勉強で、覚えなくてはならないこと、という緊張から解放され、すっと理解できるのだろうと

 思います。とても、楽しくできました。

 

  ここで思ったのは、CTP絵本は本当によくできているということ。

 子どもたちの興味をひくようなキャラクターがたくさん!! 中でも、Cat & Dog はみんなの一番のお気に入りです。

  また、様々な英語の表現法を用いた文章が繰り返し出てくるので、子どもたちが覚えやすいのです。

 難しい文法の説明は、子どもたちを退屈にさせてしまいますので、文法は横に置いといて、英文を楽しんでしまいましょう!

 

  クラスでは、arrange reading として、子どもたちがそのお話の中の登場人物になり、絵本をアレンジして読んでみます。

 与えられたものだけでなく、自分でアレンジするのは、とても楽しいようですよ。また、Cat という主語を、Iにすることによって、

 自然に、主語という意識付けができます。

 

  このCTP(Creative teaching press)の絵本をもっと生かしていこうと思い、本の裏表紙に単語数をはりました。

 CTPbooksを、多読にも使っていこうと思います。少しでも多くの子に多読に挑戦してほしいと思います。

 

 

 

June 9th  2018

       2週間にわたる、イチゴアイスクリーム、イチゴゼリーcooking activity、楽しく、おいしく活動できました!

 初めて、包丁を使ってドキドキ、間違って、生クリームに砂糖を大量に入れてしまったり、、、、、

 教室7年目のクラスは、さずがです。レシピ(もちろん英語)を見ながら、作ることができました。私の手伝いはほとんど必要ありませんでした。

 

  ある男の子のクラスで、、、

    生クリームを泡だてる前に、砂糖を大量に入れてしまい、、  "That's wrong!"

               次に、生クリームを泡だてる前に牛乳を入れてしまい、、   "That's wrong!"

               では、砂糖はどこへ?今度は、しっかりレシピを読んで、   "Add sugar into strawberries."   

   「なぁんや、イチゴにまぜるんやぁ~」            "That's right!"

       なんとか、できあがりました。 失敗した、クリームたちも混ぜて、なんとかアイスクリームとなり、めでたし、めでたし(^◇^)

  成長期の男の子たちの、おなかをしっかり満たすくらいのアイスクリームができました(^。^)y-.。o○

 

May 13th  2018

      多読のすすめ

  英語の学習法に、「多読」という方法があります。

 アプローチはいろいろあるそうですが、文字のない絵本から順に、次に、1ページに単語1つの絵本、次に単語2つ、というように少しずつ語数を

 増やしていき、わからない単語が出てきたら、飛ばして読む!(これポイント) 辞書をひかない!(これもポイント)

  

  私は実践をしたことはありませんが、英語の本を何冊か読んだ後に、自分の英語力、文章の理解力があがったように思いました。

 これなら、楽しみながらできるかもしれませんね。

 

 

May 12th 2018

      ついに、やってしまいました。「半分、青い」風にいうと、”やってまった!” ですね。

 この、8年間、風邪をひいても、のどは守ってきました。ですが、昨日、全く声が出なくなってしまいました。

  ですので、昨日のレッスンは、筆談でした。昨日は、絵本「Pack a Picnic」の導入。

         *ホワイトボード               *子どもたち                     *私

    Look at the book and tell me about it.     「本を見て、本のことを言うってこと~?」   私、首を縦にふる。

   Read it by yourself.                                  「読むの~?」                                                         うん、うん、(これは出る)

 やはり、すべてを筆談では無理なので、必死でかすれ声を出しながらレッスンをしました。

 それでも、英語で書いた指示が理解できるようになっていることに、子どもたちの成長を感じ、うれしかったです。

 

 

April 28th 2018

     新年度が始まり、もうすぐ1か月です。

 新一年生の子たちは、学校のお話をしてくれます。楽しく学校に通っているようですよ。「宿題で「く」の字を書いたよ。」 「今日は疲れた~」

 など、ちょっと成長した姿が見られうれしいです。

  また、男の子が多いクラスは、さらにパワーアップし、にぎやかで、こちらのパワーが追いつきません。これも、元気な笑い声が聞こえ、うれし

 いことです。そう、ちょっと前の新聞記事に 「遊びパワー、人生の力に “史上最強!アホアホ期”」という記事がありました。男の子が多い私の

 教室にはぴったりの記事です。大阪教育大学準教授が書かれたものです。

    「人生史上最強だったのは、小学男子期。一番アホな時期。ただ純粋にアホだった。牛乳の早飲みをし、ふざけて笑わせあって吹き出し全身

    牛乳まみれ。などなど、ただひたすら遊んで大笑いした時期。中学生になれば忙しくなり、高校生になれば大人の入り口。。。。。」

 とご自身を振り返られ、子どもたちの人生特別なアホアホ期を大切にしてあげたいなぁ~と締めくくっていらっしゃいます。 

 

  レッスン前後の子どもたちの元気な声を聞くと、つくづくそうだな~と、私も思うのです。

 

 

 

March 22nd 2018

      昨日は、春分の日なのに、真冬に逆戻りしたような日でした。教室に来てくれている子たちは、まだまだ、かぜで咳をしている子が何人かいます。

 そういえば、インフルエンザでお休みをした子はいつもより多かったです。

 

  昨年、11月にお父さんの仕事でNYに行った子からお手紙をもらいました。とても元気そうで、学校にもなじんでいるようで、うれしい便りでした。

 NYでも、昨年の雪は、すごかったようで学校が何日かお休みになったようですよ。それから、うれしい報告をもらいました。教室に来てくれていた

 3ヶ月間、フォニックスをできるだけレッスンに取り入れました。そのフォニックスがNYでも役に立っているようです!!

 

  さて、2017年度ももうすぐ終わります。明日は小学校でも卒業式がありますね。私の所からは、中学三年生の男の子が卒業していきます。

 毎年、この時期は卒業していく子がいて、ちょっとさびしいのですが、彼らを応援し続けたいと思います。

 

  2017年度のレッスンもあと少しです。子どもたちと、この1年を振り返ると、なつかしいmini bookや、プリントがカバンからでてきたり、

 ノートを見返したりと(^-^)。中でも、すごいのは中学生の子たちのカバンから4年前の、The Mittenのシナリオ本がでてきたことでした。

 

  2018年度、どんなレッスンにしていこうか、今、試行錯誤しています。1年後、また、「あ、なつかしい~、成長したね~。」と言えるような

 レッスンを心がけていきたいと思います。

 

January 2nd 2018

        Happy New Year!

        I wish your new year will be full of happiness!

     新年、明けまして、おめでとうございます。本年も、よろしくお願いします。